【安産祈願】名古屋市天白区の神社『塩竈(しおがま)神社』でお参り

旅行・体験

妊娠が発覚し、奥さんがつわりで大変な時期。

重たい荷物を持ったり、家事を率先して行ったり、奥さんのために色々とできることはあります。

しかし、お父さん(仮)がお腹の赤ちゃんのためにできることはあまり有りません。

お母さん(仮)は赤ちゃんのために精一杯頑張っているのに。

安産のためにできることなら何でもしたいなあ。

そこで、お父さん(仮)にできることを考えたところ、「安産祈願」なら赤ちゃんの為に行動できると考えました。

そこで今回は、名古屋市天白区で安産祈願できる神社『塩竈神社』をご紹介します。

天白区の東に位置する神社『塩竈神社』

名古屋市の塩竈神社公式サイト【安産・虫封じの守護神】
安産祈願・虫封じは名古屋市天白区の八事塩...

HPによると、塩竈神社はもともと、宮城県塩竈市にある神社より御分霊を賜り、お祀り申し上げたことが由来とされる神社とのこと。

お祀りされている神様、【鹽土老翁神】(しおつちおぢのかみ)は教え導きの神様だそうです。

なぜ、安産祈願の神様?

と思う方もいらっしゃるはずです。

【鹽土老翁神】(しおつちおぢのかみ)は潮流を司る『海路の神』ともいわれているそうで、出産は潮の干満に関係していることから、安産祈願の神様としても崇敬を集めているそうです。

神社までのアクセス(坂が多くて結構大変)

塩竈神社へのアクセスは車での御来社がおすすめです。

なぜなら、急な坂が多いためです。車がひっくり返るかと思いました。

※道を選べば大丈夫かもしれません。

電車で行く場合は、地下鉄鶴舞線「塩釜口」駅から徒歩10分。

ただ、お腹の大きい妊婦の方には車をおすすめしたいです。

購入したお守りと妊婦帯について

妊婦帯については、ご自身でお持ちのものをお祓いいただくこともできますが、すでにお祓いをされた妊婦帯を購入することもできます。

2パターンあって、筒型タイプの「ねがい」と腹巻きタイプの「いのり」です。

どちらが使用しやすいか分からなかったので、どちらも購入しました。

両方お守りを入れるポケット付です。

筒型タイプの「ねがい」妊婦帯

「ねがい」はこんな感じ。お守りを入れるポケットには、印が押されています。

柔らかいストレッチ素材でできています。

奥さんはこの小さなお花の刺繍がお気に入り。

ポケットはちょうどぴったりお守りが入るサイズとなっています。

腹巻きタイプの「いのり」妊婦帯

「いのり」はこんな感じ。

しっかりお腹を支えてくれるタイプです。

うら側をマジックテープで止めることができます。

こちらは、お花の刺繍はありません。

お守りのポケットについて

ポケットにお守りをいれるとこんな感じ。

最高にピッタリサイズです。紐はちゃんと中に入れて使っています。

そのほか、おさがりについて

また、お下がりに御塩をいただきました。

朝奥さんが飲んでいました。

また、御札もいただきましたので、明るく清らかな高い位置にお祀りさせていただいています。

さいごに

今回は名古屋市天白区の安産祈願できる神社「塩竈神社」をご紹介しました。

参拝されている方はとても多かったため、厚い信頼がある神社だと思いました。

もし安産祈願を考えている方がいましたら、ご参考になればと思います。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました