製氷機フィルター、掃除してる?カビまみれだったので、交換した。

住友林業の家

ある日、奥さんからこんなメッセージが届きました。

製氷機フィルター。カビまみれかも……

メッセージを受け取ったときは、

製氷機フィルターってカビるのかなあ。

というかフィルターなんてあったっけ?

と半信半疑(というか全然心配していなかった。)でしたが、その後送られてきた画像を見てびっくり。そこにはカビにまみれた(そしてカビがはみ出ている)フィルターの画像がありました。

製氷機フィルターカエヨウ。。。今スグ。。。

今回は、日立の冷蔵庫『MR-MB45F』の製氷機フィルター交換をしたので、ご紹介します。

※ちょっとびっくりな”カビ”描写があるので、お気をつけください。

送られてきたフィルターの画像。(※深刻なカビ描写有)

※画像はモザイクを掛けています。

びっくりしました。

まず、フィルターがあったんだ。というびっくり。

そして、フィルターの外までカビが侵食しているびっくり。

そして、そんなカビまみれの氷を使用していたびっくり。

唖然です。

実際のカビ画像。外装まで黒い。

以下モザイク無しの画像。

実際はこんな感じ。

正直、想像以上でした。

(見たくない方。すみません。)

なぜ気付なかったのか。(発見が遅れた言い訳)

匂い×、味×の氷の異常に気づくことはできませんでした。

そもそも、氷の”味”や”匂い”を意識しがら普段生活していないので。

※わかる方にはわかるのかもしれません。

そのため発見できませんでした。

清掃のため分解してくれた奥さんに感謝です。

取り扱い説明書はちゃんと読まないとだめですね。

ちなみにうちの冷蔵庫は、これ

三菱電機の冷蔵庫です。

※ちょっとだけ型番が異なります。「MR-MB45F-ZT」という型で色が濃い紫色です。

ちなみにネットで取扱説明書は確認可能です。

P26にちゃんと書いてあります。

冷蔵庫の取扱説明書によると

自動製氷機のお手入れ

週に2、3度お手入れしてください。

MR-MB45F-ZTの取扱説明書(P26)より

え……?

うちは引っ越して、一年と数ヶ月。

その間、一度たりともこのフィルターを開けたことが有りませんでした。

つまり、月あたり8~10回掃除 → 約120回以上の掃除を見逃していたことになります。

こんなにお掃除の機会を逃していたなんて……。

最悪。。。

早速掃除……ではなく、フィルターを交換することにしました。

フィルターを購入してみた

探してみると、すぐに交換フィルターは見つかりました。

三菱冷凍冷蔵庫 自動製氷用

カルキクリーンフィルター

型名はMRPR-01FT

冷蔵庫の型によって、フィルターの種類が異なるため、確認してみてください。

外観はこんな感じ。

黒い石鹸のように見えますが、柔らかいです。

フィルターのため、毛羽立っています。

商品裏面を見てみると

裏面には各種ご案内が記載されていました。

その中には、交換頻度が以下のように書かれています。

○カルキクリーンフィルターは通常は交換不要です。ただし、次のようなときは交換してください。

・水以外のものを入れるなどして目詰まりしたとき

・破損したとき

・カビが発生したとき

うちの場合は、「カビが発生したとき」ですね。

もろストレートにかかれていますが、カビが発生したら交換しましょう。

実際にフィルターを交換してみた

製氷機の中はこうなっています。

あの地獄のフィルターはすでに外して捨ててあります。

※フィルター無でも氷は通常通り製氷可能です。

フィルターを交換します。

フィルター交換前に、水で押し洗いしてください。

あとは事前にキレイにしたフィルター入れに、スポっと入れるだけです。

あとは数回製氷を繰り返して、きれいな氷ができるのを祈るのみ。

フィルター交換前に行ったこと。

こんかい、奥さんが調べた結果、

カビが生えていたら、クエン酸で製氷するといい

ということがわかりました。

そのためうちでは、2回クエン酸で製氷してその後、水道水で製氷を行いました。

水道水の氷が透明になったことが確認できたので、フィルターの交換を行いました。

さいごに

今回は、冷蔵庫の製氷機フィルターを交換する方法をご紹介しました。

もし製氷機フィルターを掃除したことが無い方は、一度パカっとしてみてください。

パンドラの箱を開けることとなるかもしれません。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました