【極上の睡眠】日本ベッド「シルキーパフマットレス」と無印のシーツ

レビュー

テレワークや自宅勤務が日常に浸透し、お家時間が増え、一日中家の中にいることも多くなった昨今。

駅まで歩いて、電車に乗って、会社まで歩く。という最低限の運動さえもなくなってしまった方も多いと思います。

私は残念ながら、会社勤務のため歩いていますが。。。

今回は最高の睡眠を手に入れるために揃えた、寝具一式「日本ベッド」のマットレスである、「シルキーポケットレギュラー」とその上位互換である「シルキーパフ」。

さらに、無印良品のシーツ及び布団カバーとIKEAのサイドテーブルをご紹介します。

まずは「日本ベッドのマットレス」

日本ベッドは名前の通り日本のメーカです。

日本のメーカなのに「フランスベッド」というメーカもありますが。

購入したキッカケはショールームで実際に寝転んでみたところ、

「もう他にない。」と感じたからです。

フレームCARRANO(カラーノ)

フレームも日本ベッドにしました。

フレームは「CARRANO(カラーノ)」というフレームです。

日本ベッドの中では上位ランクのものではありません。

フレームは睡眠の質に直結しないと感じたからです。

他のフレームと比較しているだけで、

格安なわけではありません。

シンプルなデザインが好きな方にはとてもおすすめです。

無印良品の各種アイテムとも合わせやすいと思います。

通常の「シルキーポケットレギュラー」

まずは日本ベッドのシルキーシリーズで通常グレードのマットレス

「シルキーポケットレギュラー」から。

これはショールームのスタッフの方から伺ったことの受け売りですが、

「寝返りがしやすい」というのがこのシルキーポケットレギュラーの売りの一つです。

確かに寝返りをする際、ベッドの不自然な沈み込みや反発がなく、

ベッドが寝返りを助けてくれるような感触があります。

また、長期的にマットレスを保つ工夫がありました。

ベッド横にはベンチレーター(通気穴)があり、マットレス内部の

湿気を逃す機構となっているようです。

いくらいい商品でも長く使えないともったいないですからね。

続いては、奥さんが使用しているふわふわのマットレス「シルキーパフ」をご紹介します。

上位互換の「シルキーパフ」(奥さん用)

シルキーパフは同じシルキーシリーズではあるものの、

「夢見る心地よさ ひとつ上のこだわり」をテーマに掲げた上位グレードの商品です。

寝てみるとふわふわで雲の上に沈み込むような気持ちよさがあります。

ただ沈み込んでいるというよりは、包み込まれているような感触です。

私がこのシルキーパフにしなかったのは

「男性の体にはふわふわすぎる」という理由です。

確かに気持ちいいのですが、女性以上に体重があるため、

沈む深さが深いのだと思います。私はレギュラーが一番フィットしました。

奥さんは超気に入っています。

もう、最高。。。

やわらかさの虜になっているようです。

シンプルな無印良品のシーツ

ベッドに欠かせないのはシーツです。私は無印良品のシーツを使用しています。

シンプルで手触りも気持ちがいいと感じています。

そして何よりコストが抑えられるのが魅力です。

3,000円そこそこで購入することが可能です。

無印良品で揃えたのはベッドシーツだけではありません。

枕カバーと布団カバーも無印良品で揃えました。

色はダーク系。睡眠に適しているカラーだそうです。

カバー等は消耗品であるため、なるべくコストパフォーマンスが高いものを選んでいます。

おそらく次回も無印良品にします。

何故か色がぴったりなIKEAのサイドテーブル

最後にご紹介するのが、IKEAのベッドサイドテーブルです。

このサイドテーブルはかなりおすすめで、

なぜなら、

 ①日本ベッドのカラーノのフレームと色&柄がそっくり

 ②作りが意外としっかりしていて高級感がある

 ③何よりコスパ最高

だからです。

普通にカラーノに付属しているサイドテーブルは10,000円くらいしますが、

イケアのこのテーブルは5,000円くらいで購入できます。安い。

もしカラーノを購入している方or検討している方にはとてもおすすめの商品です。

さいごに

今回はおすすめ寝具とその周辺アイテムをご紹介しました。

日本ベッドのマットレスに無印良品・IKEAの周辺アイテムでシンプルに揃えました。

睡眠は一日の1/3を費やす大切な時間。

良い睡眠は人生を変えてくれること間違いなしです。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました